Advertising, LIM, 2014

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko / Photo : Ito Daisuke(SIGNO) / Model : kanoko / Hairmake : Hara Yasuhiro(LIM)

VI, pilvee, 2013

Art Direction & Design : Ko mina / Copywriting : Komiyama Sakura

澄んだ空に、ぽわっと浮かぶわた雲。それは、いろんなカタチに見えるふわふわ気ままな存在。雲みたいにおもしろくって、想像力をかきたててくれる、心地のよいふわりとした服と小物たち。ひとりの女の子が自由に、いろいろな世界を行ったり来たりするような。pilveeは、かわいいとユーモアを大切に、女の子をつらぬく女の子のためのブランドです。

no.38, pilvee, 2013

Art Direction & Design : Ko mina / Design : Takashina Shun / Html,Programming : Fujimoto Hiroyuki / Model : LUKA(étrenne) / Photo : MARUCO / Stylist : Endo Rika / Hairmake : KOMAKI / Copywriting : Komiyama Sakura

http://www.felissimo.co.jp/haco/140205_pilvee/

VI, 吉沼硝子, 2012

Art Direction : Taniuchi Haruhiko / Design : Ko Mina / Photo : Ito Daisuke(SIGNO)

Yoshinuma Glass was founded in 1916.We provide original tableware products to hotels and restaurants.Our products are focused in Japanese cuisine, and they have many varieties of shapes and colors.The most important thing to introduce our products is 100% Japanese handmade.Since launching out our products into the hotel and restaurant market, they have been trusted as the number one Japanese style glassware by many customers.

吉沼硝子は1970年代に誕生しました。当初、金魚鉢や電球などの日用品の硝子製品からはじまり、後に業務用硝子食器に力を注ぐようになりました。また製品は全て日本の硝子職人によって製造されており、高い信頼性と安全性で多くのお客様より支持されています。「料理の映える器・見て楽しい器・会話が弾む器」をテーマに開発し、割烹から創作料理まで幅広く対応した製品を生み出しています。

Typeface Layer, TYP Exhibition, 2011

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko

koyomi, JAGDA CALENDER SALONE, 2010

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko / Design : Oyama Sho

視ようという意思でなければ見えてこない暦。一日をもっと視つめるという意識こそが、今を知る重要な手掛かりなのかもしれない。

変形多角形による角柱グラス, 吉沼硝子, 2013

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko, Ko Mina / Photo : Ota Takumi

The Deformed Polygon Glass
The concept of the deformed polygon glass is “new design for new experience.”We deformed the shape of hexagon, and made it as a base of the prism glass.You can see its different shapes from different angles, but it fits in your hands comfortably. Not only the unique shape, but it gives you new feeling on any scenes of your ordinary life.

変形多角形による角柱グラス
非対称な多角形をそのまま角柱にしたグラスシリーズ。あらゆるズレが不連続な変化を生み出し、まるで自然が創りだした結晶のようにも見えます。私たちの知っている角柱グラスを、少しだけ変形させることによって、見た目だけでなく、触感や飲み心地にも新しい体験をつくるグラスです。

Layered, TOKYO GRAPHIC PASSPORT, 2009

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko / Design : Oyama Sho

Piled of materials makes up the outline of the whole image. Piled of shading makes up the contrast and the concept of the time. Piled of elements makes this impression deeper and changing this vague existing. This process might be similar to our brain works “make up memories”. THE LAYERED is not only the word of the design but also conceptual word which is used when we capture the object.

重なり合う様々なマテリアルたちは、互いに輪郭を補いながらイメージを形成していきます。また積層される濃淡からは、時間とコントラストを生み出し、次の描写へ移行していきます。このように様々な要素が重なることで印象を深め、存在を曖昧にしながらも変容していく過程は、私たちが頭の中で行う『記憶の生成』と、近い性質にあるのかもしれません。【Layered;】とは、単なる二次元的な表現手法だけでなく、私たちが対象物を捉える際に使う概念的な呼称でもあります。

Invisible Typo for screen, TOKYO GRAPHIC PASSPORT, 2010

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko / Programming : Fujimoto Hiroyuki

http://desegno.jp/invisibletypo/

Layered, TYP Exhibition, 2011

Art Direction & Design : Taniuchi Haruhiko / Design : Oyama Sho

This process might be similar to our brain works “make up memories”. The Layered is not only the word of the design but also conceptual word which is used when we capture the object.

重なり合う様々なマテリアルたちは、互いに輪郭を補いながらイメージを形成していきます。また積層される濃淡からは、時間とコントラストを生み出し、次の描写へ移行していきます。このように様々な要素が重なることで印象を深め、存在を曖昧にしながらも変容していく過程は、私たちが頭の中で行う『記憶の生成』と、近い性質にあるのかもしれません。【Layered】とは、単なる二次元的な表現手法だけでなく、私たちが対象物を捉える際に使う概念的な呼称でもあります。